813TyERZ7yL


















5月になり暑くなってきました。
少しずつでも感染者の減少傾向は朗報ですね。



さて、

5月14日(木)発売です。
なかなか、本屋さんには行きづらい状況ですので、
ぜひ通販などでも! よろしくお願いいたします。


「地方の人妻がいやらしすぎて(双葉文庫)」



内容です。


大手建設会社で将来の幹部候補と目されるエリート社員の遠野亮一は、社内の古参派閥の奸計に嵌まり、地方の支店に飛ばされることに。
思わぬ左遷人事に腐る亮一を待ち受けていたのは、純朴な田舎妻たちとの蕩けるような情事の日々だった――。
書き下ろし長編柔肌エロス。

川島健太郎さんの表紙がいいですね。5月の爽やかな感じ。

--------------------------------

300頁を越える作品になりました。
いろんなタイプの女性が出てきて、面白いかなと。
余談ですが、5月より双葉社さんの文庫の装飾がリニューアルされるそうです。

こちら各販売サイトがございます。

https://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-52362-1.html?c=40397&o=&

こちらご覧いただければと。



-----------------------------

 「日めくりエッセー いろ艶筆」 コラム掲載。

4月2日(木)より #東京スポーツ 全国版に拡大!
毎週木曜掲載になります!

-----------------------------


4月のラインナップです。

○「ある日、お母さんが美少女に」 (実業之日本社文庫) 4/7発売!

どうして、こんなに興奮してしまうんだろう……

大学生の星川裕司は童貞だ。
ある朝、母・綾乃は裕司のどタイプの美少女に若返っていた。
いけないと思いながらも母への思いを募らせるうち、友人の母・可南子の手解きを受ける。先輩・美里のアプローチもあり自信をつけた裕司だが、綾乃とはギクシャクしてしまい――。時折よぎる本当に母なのか?という疑問、そして綾乃の裕司への気持ちは……!? 








○「人妻ゆうわくキャンプ」 (竹書房ラブロマン文庫)  4/20発売!

奥手で冴えない若手サラリーマン長沢陽一は、ソロキャンプにはまっていた。
ある週末、ひとりでキャンプをしていると、三人組の美女と出くわす。
三人は大学時代の仲間で、キャンプは初心者だという。








○「人妻 夜の顔」(二見文庫) 4/27発売!NEW!

ここでしてあげましょうか……?

家出してきた人妻のもう一つの顔は ── 人気急上昇中の著者による痛快書下し官能!


正一郎は、数年前に妻を亡くし、夫婦でやっていた居酒屋は彼を慰めようとする常連で成り立っていた。
そんななか、近所の神社で、お参りをする美しい人妻・沙織と出会う。
夫との倦怠期で家出中だと言う彼女。
彼女の誘いで一線を越えた二人だが、しばらく泊めてくれと沙織が言いだした。
実は彼女には秘密があって──。
俊英による新世代の書下し官能!

人妻 夜の顔 (二見文庫)
真琴, 桜井
二見書房
2020-04-27









よろしくお願いいたします。